まずは発音に関する正しい事実を知って下さい。


日本人が話す英語の特徴を踏まえた上で、
日本人はどのように発音を身につければいいのかお話します。


ネイティブは、話している途中で、息をとぎらせません。

この練習をすれば、英語を話すリズムが変わります。


舌の形を「ある形」にできるかどうかで発音学習のDNAタイプがわかります。

利き手に、左利き、右利きがあるのと同じです。
たとえば、あなたがDNAタイプBなら、Rの発音はできてもtheが発音しにくいという特徴があります。


あなたが発音をマスターすると「英語がうまいですね」とも言われなくなりま
す。
なぜなら、発音がいいと、ネイティブはあなたの発音にも気がつかなくなるからです。


実は発音は、スペルは関係ありません。

音が全てなんです。

ネイティブはが聞き取れない音は、ネイティブが言うこともできません。
ネイティブのようになりたいなら、私たちの真似をして下さい。



一息で英文を言えるようになるための息の使い方をお教えします。

強い息をすると、英語を一息で言えるようになり、
自然に英語の音も長くなります。


That ⇔ ザット

Thank you very much. ⇔ センキューベリマッチのようにネイティブ英語と
カタカナ英語という両極端の英語を使って、正しい発音を体感します。